監修: 藤田医科大学医学部 精神神経科学講座 教授
岩田 仲生 先生

サイトマップ

心理社会的療法

患者さんのより良い生活のために必要な治療1, 2)

統合失調症は、急性期の陽性症状(幻覚・妄想)は薬物療法で改善することが多いのですが、薬だけでは陰性症状、認知機能障害はなかなか改善できません。また、生活をするうえでのストレス対処法などは、薬で大きな変化を望むことは難しいです。

患者さんがノーマライゼーション(普通の社会生活を営めるようにすること)に近づくための治療として、心理社会的療法が重要になります。

参考文献
  1. 白石弘巳監修: 患者のための最新医学 統合失調症 正しい理解とケア. 高橋書店, 東京, 2015, pp. 110-112
  2. 尾崎紀夫ほか編: 標準精神医学 第8版. 医学書院, 東京, 2021, pp. 293-294

動画:心理社会的療法について - 精神療法

話し手:医師 川嶋 義章
(医療法人 恵生会 南浜病院)

再生時間:

ご注意ください
本サイトで解説する病気の症状は典型的なものを紹介したもので、記載された症状がその病気をもつすべての方に当てはまるわけではなく、また症状のどれかに当てはまるからといってその病気であることを示すものではありません。治療法その他についても、あくまでも代表的なもののみを掲載しており、治療法すべてを網羅するものではありません。病気の診断および治療に関しては、必ず医師による説明を受けるようにしてください。