監修: 藤田医科大学医学部 精神神経科学講座 教授
岩田 仲生 先生

サイトマップ

【CASE 5】病気になったことを親のせいにする場合

監修:池淵 恵美 先生
(学校法人帝京大学 帝京大学医学部 精神神経科学 客員教授)

高校生の息子(患者さん本人)が「人生が台無しになったのはおまえのせいだ」と言って統合失調症になったことを親のせいにしてきます。

どうしたら良いでしょうか?

解説

「本人はつらいからそう言ってるんだ」といったんは言い分を受け止めつつも、本人の感情に巻き込まれて家族まで「親のせい」と自分を責めないようにしましょう。

統合失調症の発症について、「家族の関わり方が原因ではない」ことははっきりしています。ただ、親としてはグサッとくる一言なので、受け止め方について家族SSTなどで練習すると良いかもしれません。また、ほかの家族のことは客観的に見えるので、先輩家族からのアドバイスも役に立ちます。患者さん本人にとっても病気を家族のせいにしてしまうと、本人が向き合うべき課題が見えなくなってしまうので、家族はちょっと距離を置いて眺めつつ、本人の感情に巻き込まれないようにしましょう。

ご注意ください
本サイトで解説する病気の症状は典型的なものを紹介したもので、記載された症状がその病気をもつすべての方に当てはまるわけではなく、また症状のどれかに当てはまるからといってその病気であることを示すものではありません。治療法その他についても、あくまでも代表的なもののみを掲載しており、治療法すべてを網羅するものではありません。病気の診断および治療に関しては、必ず医師による説明を受けるようにしてください。