監修: 藤田医科大学医学部 精神神経科学講座 教授
岩田 仲生 先生

サイトマップ

【CASE 2】家に閉じこもり、イライラ・怒りっぽい場合

監修:池淵 恵美 先生
(学校法人帝京大学 帝京大学医学部 精神神経科学 客員教授)

マンションに住んでいる3人家族。息子(患者さん本人)が「上の音がうるさくて、イライラする」と言って怒りだし、抗議をしようとしています。

どうしたら良いでしょうか?

解説

「家に閉じこもり、イライラ・怒りっぽい場合」の対応方法について紹介したご家族向けの動画をご覧いただけます。

再生時間:

ご注意ください
本サイトで解説する病気の症状は典型的なものを紹介したもので、記載された症状がその病気をもつすべての方に当てはまるわけではなく、また症状のどれかに当てはまるからといってその病気であることを示すものではありません。治療法その他についても、あくまでも代表的なもののみを掲載しており、治療法すべてを網羅するものではありません。病気の診断および治療に関しては、必ず医師による説明を受けるようにしてください。