ページの先頭です | 本文へ | メニューへ |

【こころの病気・脳の働きに関連する病気の理解とより良い付き合い方をサポートするメンタルヘルスサイト】

  1. ホーム >
  2. うつ病 >
  3. 理解する >
  4. どんな病気?/症状 >
  5. 気分・意欲・思考の低下がみられる精神症状
ここから本文です
理解する

どんな病気?/症状

気分・意欲・思考の低下がみられる精神症状

うつ病はうつ状態を示す気分の低下にはじまって、少し症状が重くなると意欲がなくなり、思考や判断力が低下していきます。さらに症状がひどくなると、顔つきや態度、話し方、行動の様子に明らかな変化がみられるようになります。不安や焦りなどが最初に出現した場合は診断が困難です。

気分の低下

イラスト:気分がひどく落ち込んだ様子 うつ病の代表的な症状で、気分がひどく落ち込む、憂うつ、もの悲しいなどの気分の変化が現れ、ひどく不安になる、落ち着かない、イライラするなどの不安や焦りが現れます。表情から笑顔が消え、理由もなく涙を流すこともあります。多くの人で朝方が最もひどく、夕方になると少しよくなるという「気分の日内変動」がみられるのが特徴です。気分の低下がひどくなると「自分はダメな人間だ」というように自責感や罪悪感を感じるようになり、重症になると「死にたい」という気持ちが現れます。

意欲の低下

イラスト:無気力状態で部屋に引きこもっている様子 何事にもやる気をなくしてしまい、無気力状態となり、ひきこもりがちになります。趣味や楽しみに対してこれまでと同じように興味・関心がもてなくなり、何をするのもおっくうに感じるようになるほか、気分転換を図ることができにくくなって、休日は寝床に入ったまま一日中過ごすようになります。また、意欲の低下がひどくなると学業や仕事、家事に支障が出るようになり、登校拒否や出社拒否につながることも少なくありません。

思考の低下

イラスト:頭がボーっとして考えがまとまらない様子 頭がボーっとしてさえなくなり、考えがまとまりにくくなります。物事に集中することができなくなり、注意力が低下するほか、判断力も鈍るために決断を下すことが困難になります。このため、自分の考えや行動に自信がもてなくなり、物事を悪い方向に考えたり悲観的にとらえるようになります。重症になると、取り返しのつかない罪を犯したと思い込む罪業妄想や、不治の病にかかってしまったと思い込む心気妄想などを訴えることもあります。


うつ病(鬱病)トップへ
ここからメニューです ここから関連メニューです
  • 病院を探す(日本全国を対象にお近くの病院を検索)
  • アンケート(病気に関する調査を実施中 集計結果も公開しています)
  • メールマガジン(病気に関する情報をメールにて配信しています)

このページの先頭へ

© Janssen Pharmaceutical K.K.

このサイトは日本国内に向けて制作いたしております。
このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ヤンセンファーマ株式会社によって運営されています。