ページの先頭です | 本文へ | メニューへ |

【こころの病気・脳の働きに関連する病気の理解とより良い付き合い方をサポートするメンタルヘルスサイト】

  1. ホーム >
  2. うつ病 >
  3. 治療する >
  4. 薬物療法 >
  5. 治療の主軸となる抗うつ薬のタイプとその特徴
ここから本文です
治療する

薬物療法

治療の主軸となる抗うつ薬のタイプとその特徴

抗うつ薬には、三環系抗うつ薬や四環系抗うつ薬などの古いタイプの薬と、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)の新しいタイプの薬があります。古いタイプの薬と新しいタイプの薬の大きな違いは、ノルアドレナリンやセロトニンの再取り込みを選択的に阻害するか否かにあります。古いタイプの薬ではノルアドレナリンやセロトニンの再取り込みを阻害するだけでなく、他の神経伝達物質の受容体をも阻害してしまうため、副作用が出やすくなりますが、SSRIやSNRIは他の神経伝達物質受容体は阻害せず、主にノルアドレナリン、セロトニンに作用するため古いタイプの薬に比べて副作用が少ないといえます。

三環系抗うつ薬

第一世代の抗うつ薬で、とりわけノルアドレナリンの再取り込みを強力に抑えて効果を発揮します。高い抗うつ効果が得られますが、その反面、眠気、口の渇き、便秘、めまいなどの抗コリン性副作用も強く出やすいという特徴があります。一部の三環系抗うつ薬には副作用の発現を抑えた第二世代の抗うつ薬があります。

四環系抗うつ薬

セロトニン再取り込み阻害作用がないのが特徴で、三環系抗うつ薬に比べて副作用の発現が少ない第二世代の抗うつ薬に属します。副作用が少ない分、使いやすくなったともいえますが、効果は三環系抗うつ薬には及びません。

選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)

第三世代の抗うつ薬で、選択的にセロトニンの再取り込みを阻害することをターゲットにした抗うつ薬です。抗うつ作用は三環系や四環系よりもやや弱いとされていますが、その最大の特徴は従来の抗うつ薬に比べて副作用が少ないという点で、非常に使いやすい抗うつ薬といえます。

セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)

第四世代の抗うつ薬で、セロトニンだけでなくノルアドレナリンの再取り込みも選択的に阻害することから効果の面では三環系に近い抗うつ作用があり、副作用はSSRIと同程度とされています。また、SNRIは症状が多彩なうつ病において広範な症状に有効とされる抗うつ薬です。


うつ病(鬱病)トップへ
ここからメニューです ここから関連メニューです
  • 病院を探す(日本全国を対象にお近くの病院を検索)
  • アンケート(病気に関する調査を実施中 集計結果も公開しています)
  • メールマガジン(病気に関する情報をメールにて配信しています)

このページの先頭へ

© Janssen Pharmaceutical K.K.

このサイトは日本国内に向けて制作いたしております。
このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ヤンセンファーマ株式会社によって運営されています。