ページの先頭です | 本文へ | メニューへ |

【統合失調症ナビは、統合失調症の理解とより良い付き合い方をサポートするサイトです。】

  1. 統合失調症ナビ >
  2. 治療する >
  3. 心理社会的療法 >
  4. 社会性や生活機能を取り戻すリハビリテーションプログラム
ここから本文です
治療する

心理社会的療法/社会性や生活機能を取り戻すリハビリテーションプログラム

統合失調症のリハビリテーションプログラムには、社会・生活技能の回復を図るソーシャルスキル・トレーニング、実際の軽作業やレクリエーションなどを通じて職業的機能を養ったり、生きがいや楽しみを見い出すための作業療法があります。

ソーシャルスキル・トレーニング(SST)

イラスト:ロールプレイ形式で対人コミュニケーションスキルを学んでいる様子

ソーシャルスキル・トレーニング(SST)は、病気によって低下した社会技能や生活技能を回復するための援助技法で、一般的にグループによるロールプレイ形式で行われます。SSTの主な方法には、「基本訓練モデル」、「問題解決技能訓練モデル」、「モジュール」の3つがあり、それぞれ必要に応じて選択されます。
基本訓練モデルでは、主に対人的コミュニケーションが円滑に行えるように、相手の話を理解し、どのように反応すればよいのかを判断処理し、自分の考えを正確に相手に伝えるなどの訓練が行われます。また、問題解決技能訓練モデルでは、思い込みやこだわりが激しいために問題解決の選択肢が狭まりがちな場合に、考え方やものの見方を広げて最適な選択肢を導き出せるよう訓練していきます。さらに、「モジュール」では「服薬自己管理モジュール」「症状自己管理モジュール」など個別の課題学習パッケージがいくつか用意されており、必要に応じて学習していきます。

作業療法

イラスト:作業所でパンを作っている様子

作業療法は、作業療法士の指導の下に手芸や園芸、料理、木工などの軽作業を通じて、楽しみや充実感、達成感などを再体験し、日常生活や社会生活機能の回復を目指すものです。作業療法には、生きがいや楽しみを見い出すためのレクリエーション性が高いものから、パソコンによる作業など将来の就労を目指した職業性の強いものまでさまざまあります。

治療する:トップへ

ご注意ください

本サイトで解説する病気の症状は典型的なものを紹介したもので、記載された症状がその病気をもつすべての方に当てはまるわけではなく、また症状のどれかに当てはまるからといってその病気であることを示すものではありません。治療法その他についても、あくまでも代表的なもののみを掲載しており、治療法すべてを網羅するものではありません。病気の診断および治療に関しては、必ず医師による説明を受けるようにしてください。


このページの先頭へ

© Janssen Pharmaceutical K.K.

このサイトは日本国内に向けて制作いたしております。
このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ヤンセンファーマ株式会社によって運営されています。