抗精神病薬のさまざまな剤形

抗精神病薬には、注射剤をはじめ、経口剤として携帯に便利な錠剤、量を細かく設定できる液剤、細粒剤などさまざまな剤形があります。さらに注射剤の中には、静脈注射や筋肉注射があり、筋肉注射には、お薬の成分がゆっくり時間をかけて体内に取り込まれ2〜4週間効果の続く「持効性注射剤」と呼ばれるタイプもあります。また、経口剤では、成分がゆっくりと継続して出てくる錠剤や口の中で水なしで溶ける錠剤、液剤を携帯しやすくした分包品などのタイプもあります。
どのお薬にも全ての剤形があるわけではありませんが、主治医によく相談し、病気の状況や生活スタイル、飲みやすさなどから自分に合った剤形を選んで、飲み忘れをなくすようにすることが大切です。

図:飲み薬(錠剤、粉薬、内用液、口腔内崩壊錠)と注射剤

お薬相談カード

お薬相談カードを印刷して病院へお持ちいただくと、スムーズにお薬相談ができます。

お薬相談カード印刷用ページ

お薬に関して、お医者さんへ相談したい方へお薬相談を希望します