ページの先頭です

トップへHeartカレンダーコンテスト

Heartカレンダーコンテスト

Heart(喜怒哀楽など感情の宿る)心、感情、気持ち、精神 ヤンセンファーマでは、“こころの病”を抱えた方々の創作活動を支援し、さらに精神障がいに対する差別・偏見のない社会創りのために、「Heartカレンダーコンテスト」を開催しています。

第16回 Heart カレンダーコンテスト

優秀賞・入選・新人賞 が決定いたしました!

たくさんのご応募ありがとうございました。

公益財団法人 精神・神経科学振興財団 理事長 髙𣘺清久先生、
関西医科大学 教授 木下利彦先生を特別審査員にお迎えし、
優秀賞 12点、入選 37点、新人賞 3点が決定しました。

特別審査員からのメッセージ

公益財団法人 精神・神経科学振興財団
理事長 高𣘺 清久

今年は新人賞への応募は400点を超えていましたが、その応募作品を1点1点丁寧に見させていただきました。

そして技術的な優劣よりも、書き手の作品を作る楽しさと満ち足りた気持ちが素直に作品に反映されているような作品を選ばせていただきました。そのような作品は見る人の心を癒してくれます。

3点の新人賞を選びましたが、私の心を癒してくれた作品は優にその10倍以上はあり、その大部分を選外とするにはとても難しいことでした。

今年も多くのご応募に感謝しております。

関西医科大学
教授 木下 利彦

1000枚弱の応募作品の中から、49作品が選ばれ、その中から12枚を選ばせていただきました。

どれも素晴らしい作品ばかりで凄く難渋しました。あまり季節にこだわらない作品ばかりになったような気がします。

Art Brutの定義にありますように、内的衝動性に貫かれた作品を選ばせていただいたつもりです。難渋しましたが、とても楽しい作業でした。

私の大好きな辻邦生の芸術論の一節をお礼の言葉としたいと思います。「絵というのは、ただ心の震えを一方的に吐きつくすというだけではなく、それが同時に、そのまま見る人の心に浸みわたってゆくもの」※。

これからもより多くの心に浸みわたる作品との出逢いを楽しみにしています。いずれ春永に

※)辻邦生「嵯峨野明月記」中公文庫、1990年、239ページ

Art Brut(アール・ブリュット)
フランスの芸術家ジャン・デュビュッフェの言葉。加工されていない「生(き)の芸術」という意味で、美術界の伝統や潮流、世間の流行などの影響を受けない、独創的な絵画や造形のことを指す。

応募作品の選定にあたりましては慎重に行いましたが、万一第三者の知的財産権等を侵害する作品がありましたら直ちに適切に対応させていただく所存ですので、あらかじめご了承いただきたく存じます。

このサイトはヤンセンファーマ株式会社が日本国内向けに制作・運営しています。

Janssen