ページの先頭です | 本文へ | メニューへ |

【こころの病気・脳の働きに関連する病気の理解とより良い付き合い方をサポートするメンタルヘルスサイト】

  1. ホーム >
  2. うつ病 >
  3. 診断する >
  4. どのように診断されるの?/鑑別診断と合併症 >
  5. うつ病に合併しやすい不安障害
ここから本文です
診断する

どのように診断されるの?/鑑別診断と合併症

うつ病に合併しやすい不安障害

不安障害には、特定のものごとに恐怖を感じる恐怖症、大勢の人がいる場所を恐れる広場恐怖、人前や社会的場面を恐れる社会恐怖、特定の条件下で激しい動悸や息苦しさの発作を起こすパニック障害、特定のものごとではなくさまざまなことに不安を感じる全般性不安障害、心的な外傷的体験がトラウマとなるPTSDがありますが、うつ病の人にこれらの不安障害が高率に合併することが知られています。不安障害の発症がうつ病に先行する場合がほとんどで、うつ病が不安障害に先行することはまれであることから、不安障害はその後のうつ病発症の重大な危険因子ということができます。不安障害が合併する場合にはうつ病自体が重症化し、慢性化しやすいため注意が必要です。


うつ病(鬱病)トップへ
ここからメニューです ここから関連メニューです
  • 病院を探す(日本全国を対象にお近くの病院を検索)
  • アンケート(病気に関する調査を実施中 集計結果も公開しています)
  • メールマガジン(病気に関する情報をメールにて配信しています)

このページの先頭へ

© Janssen Pharmaceutical K.K.

このサイトは日本国内に向けて制作いたしております。
このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ヤンセンファーマ株式会社によって運営されています。