ページの先頭です | 本文へ | メニューへ |

【こころの病気・脳の働きに関連する病気の理解とより良い付き合い方をサポートするメンタルヘルスサイト】

  1. ホーム >
  2. うつ病 >
  3. 理解する >
  4. どんな病気?/ライフステージ別 >
  5. 思春期・青年期のうつ病
ここから本文です
理解する

どんな病気?/ライフステージ別

思春期・青年期のうつ病

イラスト:青年が家の中にひきこもっている様子 思春期や青年期は非常に多感な年頃であることから精神的葛藤を招きやすく、うつ病の症状も成人のそれに近づいていきます。身体の発育と精神的発達のバランスが崩れやすいため、思春期・青年期のうつ病では急激に発症し、症状の変動は成人より大きく変化する傾向があります。衝動性が強く、登校拒否やひきこもりの状態になったり、逆に攻撃的になって非行に走ったり、アルコールや薬物に手を出したりするなどの問題行動に至ることもあります。


うつ病(鬱病)トップへ
ここからメニューです ここから関連メニューです
  • 病院を探す(日本全国を対象にお近くの病院を検索)
  • アンケート(病気に関する調査を実施中 集計結果も公開しています)
  • メールマガジン(病気に関する情報をメールにて配信しています)

このページの先頭へ

© Janssen Pharmaceutical K.K.

このサイトは日本国内に向けて制作いたしております。
このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ヤンセンファーマ株式会社によって運営されています。