ページの先頭です | 本文へ | メニューへ |

【こころの病気・脳の働きに関連する病気の理解とより良い付き合い方をサポートするメンタルヘルスサイト】

  1. ホーム >
  2. うつ病 >
  3. 理解する >
  4. どうして起こるの?/脳の生化学的仮説
ここから本文です
理解する

どうして起こるの?/脳の生化学的仮説

うつ病の原因ははっきりとはわかっていませんが、うつ病の症状が発現しているときの脳の働きがどのようになっているのかについては、徐々に明らかにされつつあります。
一般的に、ストレスを受けると脳内の視床下部─下垂体─副腎皮質系(HPA系)が活性化して危機的状況に対抗するためのさまざまな生理的反応が起こることが知られていますが、持続的なストレス状況下ではHPA系の機能が過剰に働いた状態となり、これがうつ状態を引き起こす1つの要因と考えられています。うつ病では、これらHPA系ストレス反応にかかわる内分泌ホルモンやセロトニン、ノルアドレナリンなどの神経伝達物質が深く関与していると考えられています。

ノルアドレナリン、セロトニンが関与していると考えられます

うつ病の病態に関与していると考えられるモノアミン*神経系にはノルアドレナリン神経系とセロトニン神経系があります。現在使われている多くの抗うつ薬はノルアドレナリンやセロトニンに作用することで効果がもたらされています。

ノルアドレナリン神経系

ノルアドレナリンは意欲や気力、判断力、集中力、ものごとへの興味などに関連した神経伝達物質ですが、HPA系の機能が亢進していると絶え間なくノルアドレナリンの放出が促され、そのうちにノルアドレナリンが枯渇してしまい、ノルアドレナリンの欠乏状態がうつ状態を引き起こす原因の1つと考えられています。実際に、うつ病の人ではノルアドレナリンの代謝物の減少がみられることから、ノルアドレナリンの欠乏状態が病態に関与しているとされています。

セロトニン神経系

セロトニンは食欲や性欲、衝動性や緊張などに関連した神経伝達物質ですが、HPA系の機能が亢進した状態が続くと、セロトニン系の機能が低下してセロトニンが欠乏状態となり、これによりうつ状態が引き起こされると考えられています。うつ病の人ではセロトニン欠乏状態を示唆する生化学的所見がみられるほか、セロトニン系を活性化させる抗うつ薬が臨床的効果を示すことからセロトニンの欠乏状態が病態に関与していることは明らかです。

【うつ病の発症に関与するノルアドレナリンとセロトニンの欠乏状態】
図:うつ病の発症に関与するノルアドレナリンとセロトニンの欠乏状態

[*] 用語の解説
モノアミン:
セロトニンやノルアドレナリン、ドパミンといった精神活動に影響を与える神経伝達物質を総称したものです。

うつ病(鬱病)トップへ
ここからメニューです ここから関連メニューです
  • 病院を探す(日本全国を対象にお近くの病院を検索)
  • アンケート(病気に関する調査を実施中 集計結果も公開しています)
  • メールマガジン(病気に関する情報をメールにて配信しています)

このページの先頭へ

© Janssen Pharmaceutical K.K.

このサイトは日本国内に向けて制作いたしております。
このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ヤンセンファーマ株式会社によって運営されています。