ページの先頭です | 本文へ | メニューへ |

【こころの病気・脳の働きに関連する病気の理解とより良い付き合い方をサポートするメンタルヘルスサイト】

  1. ホーム >
  2. うつ病 >
  3. 理解する >
  4. どんな病気?/分類 >
  5. 症状を引き起こす原因によるうつ病の分類
ここから本文です
理解する

どんな病気?/分類

症状を引き起こす原因によるうつ病の分類

症状を引き起こす原因によるうつ病の分類では、心因性うつ病、内因性うつ病、身体因性うつ病の3つに分類されます。

心因性うつ病

心因性うつ病は精神的な葛藤*や心理的なストレスによって引き起こされるうつ病です。心因性うつ病はさらに、本人の無意識的な精神的葛藤が原因の神経症性うつ病、長期間の持続的な心理的ストレスが原因の疲弊性うつ病、突然起こった身内の不幸や大災害などの特定のストレス体験が原因で起こる反応性うつ病の3つに分類されます。

内因性うつ病

内因性うつ病は体質や遺伝的な原因によって引き起こされるうつ病と考えられていますが、多くは心理的ストレスや喪失体験*を契機に発症します。したがって内因性と心因性の両者を区別することは実際には困難です。内因性うつ病はさらに症状の発現の仕方によって、うつ状態と躁状態*が周期的に繰り返される双極性うつ病(躁うつ病)、うつ状態のみが繰り返し起こる単極性うつ病、中年期以降に発症する退行性うつ病の3つに分類されます。

身体因性うつ病

身体因性うつ病は脳や身体の病気が原因で引き起こされるうつ病です。さらに、脳血管障害や脳腫瘍など脳の病気が原因のものを器質性うつ病といい、糖尿病や消化性潰瘍などの身体の病気が原因のものを症状性うつ病といいます。また、身体の病気を治療する薬によってうつ病が引き起こされる場合もあり、これも身体因性うつ病の1つとされます。

症状を引き起こす原因によるうつ病の分類

図:症状を引き起こす原因によるうつ病の分類

[*] 用語の解説
精神的な葛藤:
心の中で2つの欲求が対立して、心理的にどちらを選ぶこともできずに悩んでいる状態のこと。
喪失体験:
地位・役割の変化、結婚・出産、引越しなどの様々な出来ごとが、それまでの人間関係や状況からの変化を起こし、それぞれの人が持っていた「枠」を失う体験を喪失体験と呼びます。
躁状態:
うつ状態と対極にある症状で、絶えず異常に気分が高揚した状態が持続し、過活動や著しい興奮状態によってさまざまなトラブルを引き起こしやすくなります。

うつ病(鬱病)トップへ
ここからメニューです ここから関連メニューです
  • 病院を探す(日本全国を対象にお近くの病院を検索)
  • アンケート(病気に関する調査を実施中 集計結果も公開しています)
  • メールマガジン(病気に関する情報をメールにて配信しています)

このページの先頭へ

© Janssen Pharmaceutical K.K.

このサイトは日本国内に向けて制作いたしております。
このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ヤンセンファーマ株式会社によって運営されています。