ページの先頭です | 本文へ | メニューへ |

【統合失調症ナビは、統合失調症の理解とより良い付き合い方をサポートするサイトです。】

  1. 統合失調症ナビ >
  2. 体験談を聞く >
  3. A子さん(21歳会社員)の場合
ここから本文です
体験談を聞く

職場で監視されているという被害妄想があったA子さん(21歳会社員)の場合

監修:東京慈恵会医科大学 精神医学講座 教授 宮田久嗣

A子さん

仕事も続けられて、毎日が充実しています。

2カ月後には笑顔も増えて自然な感じになり、生活のリズムも整い、色々なことがスムーズにできるようになってきた為、2カ月半後には復職をすることにしました。産業医より所属部署に説明があり、A子さんがスムーズに復職できるように、職場の環境整備がなされました。以前のように、周りに監視されていると感じることもなく、仕事を続けられるようになり、充実した生活を送れるようになりました。

イラスト:同僚と楽しそうに仕事をするA子さん

宮田先生からのコメント

統合失調症はストレスのコントロール、服薬の継続を行うことができれば、これまでと同様に働くことができる場合も多くあります。
ご本人が、統合失調症とうまくつきあうことができるようになることが大切です。
また、家族や職場の方々の適切な支援は、ご本人の回復への大きな手助けとなります。

体験談を聞く:トップへ

ご注意ください

本サイトで解説する病気の症状は典型的なものを紹介したもので、記載された症状がその病気をもつすべての方に当てはまるわけではなく、また症状のどれかに当てはまるからといってその病気であることを示すものではありません。治療法その他についても、あくまでも代表的なもののみを掲載しており、治療法すべてを網羅するものではありません。病気の診断および治療に関しては、必ず医師による説明を受けるようにしてください。


このページの先頭へ

© Janssen Pharmaceutical K.K.

このサイトは日本国内に向けて制作いたしております。
このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ヤンセンファーマ株式会社によって運営されています。