ページの先頭です | 本文へ | メニューへ |

【統合失調症ナビは、統合失調症の理解とより良い付き合い方をサポートするサイトです。】

  1. 統合失調症ナビ >
  2. 診断する >
  3. どのように診断されるの?/鑑別診断 >
  4. 統合失調症に似た症状を呈する病気との鑑別診断(他の精神病性障害)
ここから本文です
診断する

鑑別診断/統合失調症に似た症状を呈する病気との鑑別診断(他の精神病性障害)

鑑別診断が必要な精神病性障害には、短期精神病性障害、統合失調様障害、妄想性障害、統合失調感情障害があります。

短期精神病性障害

イラスト:幻覚が現れている様子(1日〜1ヵ月程度)

この障害では統合失調症に似た症状がみられますが、1日から1カ月程度しか持続しません。原因は不明ですが、強いストレスによって引き起こされる場合が明らかに認められます。症状は幻覚や妄想が優勢で統合失調症に類似しますが、思考の障害はあまりみられません。急性かつ一過性に起こるのが特徴で、薬物治療を受けても受けなくても回復し、通常は再発することはありません。ただし、短期精神病性障害を起こした人のおよそ30%が3年後に統合失調症に移行するとの報告があります。

統合失調様障害

イラスト:幻覚が現れている様子(1ヵ月以上)

統合失調症に似た症状が1カ月以上続き、短期精神病性障害の診断基準を満たさなくなると統合失調様障害と診断されます。症状が6カ月以上続くと統合失調症の診断を満たしますが、躁うつ病や統合失調感情障害に移行する場合もあり、暫定的な診断としての意味合いがあります。

妄想性障害

イラスト:後をつけられているという妄想で怯えている様子

妄想が持続的にみられますが、妄想以外の精神症状がほとんど認められません。妄想の内容はあまり突飛ではなく、後をつけられる、毒を入れられるといったように現実にありうるものであったり、妄想の内容に関連する幻覚はあっても一過性であったり、断片的であったりします。中年期で発症することが多いとされています。

統合失調感情障害

イラスト:うつ状態になっている様子

統合失調症と気分障害の症状の両方が同時にみられます。躁病型とうつ病型の2つがあり、躁病型は予後は比較的良いですが、うつ病型の予後は統合失調症と同じです。

診断する:トップへ

ご注意ください

本サイトで解説する病気の症状は典型的なものを紹介したもので、記載された症状がその病気をもつすべての方に当てはまるわけではなく、また症状のどれかに当てはまるからといってその病気であることを示すものではありません。治療法その他についても、あくまでも代表的なもののみを掲載しており、治療法すべてを網羅するものではありません。病気の診断および治療に関しては、必ず医師による説明を受けるようにしてください。


このページの先頭へ

© Janssen Pharmaceutical K.K.

このサイトは日本国内に向けて制作いたしております。
このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ヤンセンファーマ株式会社によって運営されています。