ページの先頭です | 本文へ | メニューへ |

【統合失調症ナビは、統合失調症の理解とより良い付き合い方をサポートするサイトです。】

  1. 統合失調症ナビ >
  2. ともに生きる >
  3. 統合失調症のあなたに >
  4. 症状が安定していても注意が必要です
ここから本文です
ともに生きる

統合失調症のあなたに/症状が安定していても注意が必要です

統合失調症は、幻覚や幻聴などの症状が取れて落ち着いてみえても、ストレスなどのちょっとした刺激によって再発しやすい病気です。そのため、服薬による治療の継続がとても重要となります。
症状の安定について考えてみましょう。症状の安定には「本当の安定」と「不安定な安定」の2つがあります。下の図のように、薬を飲んでいない状態で症状が安定しているというのは、山の頂に球がある「不安定な安定」にあたり、ストレスが加わって病状が左右に揺れた時に安定状態に戻ろうとする力は働かないため、いずれ再発してしまいます。

【『本当の安定』と『不安定な安定』】

図:『本当の安定』と『不安定な安定』

統合失調症の薬は、「不安定な安定」を「本当の安定」に変えるために必要なものです。ストレスが加わっても、安定した状態に戻れるようにサポートする力を持っています。服薬を継続し、本当の安定を維持できるようにしましょう。

ともに生きる:トップへ

ご注意ください

本サイトで解説する病気の症状は典型的なものを紹介したもので、記載された症状がその病気をもつすべての方に当てはまるわけではなく、また症状のどれかに当てはまるからといってその病気であることを示すものではありません。治療法その他についても、あくまでも代表的なもののみを掲載しており、治療法すべてを網羅するものではありません。病気の診断および治療に関しては、必ず医師による説明を受けるようにしてください。


このページの先頭へ

© Janssen Pharmaceutical K.K.

このサイトは日本国内に向けて制作いたしております。
このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ヤンセンファーマ株式会社によって運営されています。