ページの先頭です | 本文へ | メニューへ |

【統合失調症ナビは、統合失調症の理解とより良い付き合い方をサポートするサイトです。】

  1. 統合失調症ナビ >
  2. ともに生きる >
  3. ご家族や周囲の方々へ >
  4. 生活のしづらさを理解して、本人ができることをサポートする
ここから本文です
ともに生きる

ご家族や周囲の方々へ/生活のしづらさを理解して、本人ができることをサポートする

イラスト:友人と笑い合う患者さん

統合失調症になっても病気はあくまでも本人の一部分にしかすぎません。大切なことは病気によって生じた生活のしづらさを正しく把握して、本人が無理なくできることを理解しサポートしていくことです。

本人と病気をわけて考える

当然のことですが、本人は病気のために障害されている部分と正常な心の部分とを併せもっています。一般的な身体疾患の場合には病気の部分と健康的な部分を分けて考えやすいのですが、精神疾患の場合にはその人自身がすべて病んでいるかのように考えられがちです。でも、病気の部分は本人の一部分にしかすぎません。本人のすべてを病気と思い込んでいると、病気のために生じていることを本人の性格のゆがみからきていると勘違いしたり、病気だから何もできないと決めつけて過干渉や過保護になってしまいます。大切なことは、本人の正常な部分と病気の部分をきちんと区別することで、それによってどの部分をサポートすればよいのかがわかり、適切な対応がとれるようになります。

生活のしづらさを理解する

身体に障害を抱えている場合には生活のしづらさというのが一見してわかりますが、精神疾患の場合の生活のしづらさはなかなか理解されません。そのため、家族や周囲はともすると「病気になるまえにできていたことができなくなった」ことに対して目を向けてしまいがちですが、病気によって障害されている部分を見極めて、生活のしづらさを理解する必要があります。とかく回復期になると家族や周囲は病気になる前の状態に戻ることを期待して、同じレベルを求める傾向にありますが、そのことが逆に本人にとって大きな負担となることがあります。本人の生活のしづらさをきちんと理解して、本人が無理なくできるレベルを把握することが大切になってきます。

身の回りのことを自分でできるようにサポートする

生活のしづらさを理解し、無理なくできるレベルを把握できるようになったならば、本人ができることはなるべく自分でするようにしていくことが大切です。ともすると家族は過保護になって世話を焼きすぎる傾向にありますが、本人ができることまで手を貸していると世話をしてもらうことが当たり前になっていきます。統合失調症は社会・生活機能が低下する病気ですから、回復の過程においてこれらの身の回りのことを自分ですることが治療につながっていきます。病気が治ってから自立的生活を考えるのではなく、病気の回復過程から自立を目指すという考え方が大切なのです。

ともに生きる:トップへ

ご注意ください

本サイトで解説する病気の症状は典型的なものを紹介したもので、記載された症状がその病気をもつすべての方に当てはまるわけではなく、また症状のどれかに当てはまるからといってその病気であることを示すものではありません。治療法その他についても、あくまでも代表的なもののみを掲載しており、治療法すべてを網羅するものではありません。病気の診断および治療に関しては、必ず医師による説明を受けるようにしてください。


このページの先頭へ

© Janssen Pharmaceutical K.K.

このサイトは日本国内に向けて制作いたしております。
このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ヤンセンファーマ株式会社によって運営されています。