ページの先頭です | 本文へ | メニューへ |

【統合失調症ナビは、統合失調症の理解とより良い付き合い方をサポートするサイトです。】

  1. 統合失調症ナビ >
  2. 治療する >
  3. 薬物療法 >
  4. 抗精神病薬と併用される薬
ここから本文です
治療する

薬物療法/抗精神病薬と併用される薬

抗精神病薬の効果を引き出したり、足りない部分を補うためにいくつかの補助的な薬が治療に用いられます。過度の不安や緊張には抗不安薬が、不眠症状に対しては睡眠薬が、抑うつ症状には抗うつ薬が用いられます。また、幻覚や妄想と躁うつ気分が混合してみられる場合には気分安定薬が用いられます。
抗精神病薬は単独で用いて治療するのが望ましいのですが、足りない部分を補うためにいくつかの補助的なお薬が治療に用いられることがあります。過度の不安や緊張には抗不安薬が、不眠症状に対しては睡眠薬が、抑うつ症状には抗うつ薬が用いられます。また、幻覚や妄想と躁うつ気分が混合してみられる場合には気分安定薬が用いられます。
また、抗精神病薬によりパーキンソン症状などの錐体外路症状の副作用がみられる場合には、抗パーキンソン病薬が使われます。

イラスト:不眠症状に対して睡眠薬など、抗精神病薬とともに、症状に応じた薬が処方されます

治療する:トップへ

知っていますか?お薬のこと

抗精神病薬のさまざまな剤形 剤形の特徴を知って、自分に合うものを選びましょう

ご注意ください

本サイトで解説する病気の症状は典型的なものを紹介したもので、記載された症状がその病気をもつすべての方に当てはまるわけではなく、また症状のどれかに当てはまるからといってその病気であることを示すものではありません。治療法その他についても、あくまでも代表的なもののみを掲載しており、治療法すべてを網羅するものではありません。病気の診断および治療に関しては、必ず医師による説明を受けるようにしてください。


このページの先頭へ

© Janssen Pharmaceutical K.K.

このサイトは日本国内に向けて制作いたしております。
このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ヤンセンファーマ株式会社によって運営されています。