ページの先頭です | 本文へ | メニューへ |

【統合失調症ナビは、統合失調症の理解とより良い付き合い方をサポートするサイトです。】

  1. 統合失調症ナビ >
  2. 治療する >
  3. 薬物療法 >
  4. 抗精神病薬のさまざまな剤形
ここから本文です
治療する

薬物療法/抗精神病薬のさまざまな剤形
持効性注射剤(デポ剤)など

抗精神病薬には、注射剤をはじめ、経口剤として携帯に便利な錠剤、量を細かく設定できる液剤、細粒剤などさまざまな剤形があります。さらに注射剤の中には、静脈注射や筋肉注射があり、筋肉注射には、お薬の成分がゆっくり時間をかけて体内に取り込まれ2〜4週間効果の続く「持効性注射剤」と呼ばれるタイプもあります。また、経口剤では、成分がゆっくりと継続して出てくる錠剤や口の中で水なしで溶ける錠剤、液剤を携帯しやすくした分包品などのタイプもあります。
どのお薬にも全ての剤形があるわけではありませんが、主治医によく相談し、病気の状況や生活スタイル、飲みやすさなどから自分に合った剤形を選んで、飲み忘れをなくすようにすることが大切です。

図:飲み薬(錠剤、粉薬、内用液、口腔内崩壊錠)と注射剤

お薬相談カード

お薬相談カードを印刷して病院へお持ちいただくと、スムーズにお薬相談ができます。

お薬に関して、お医者さんへ相談したい方へ

お薬相談を希望します

図:飲み薬(錠剤、粉薬、内用液、口腔内崩壊錠)と注射剤

お近くの病院を探す

地域検索はもちろん、詳しい条件からも探し出せ、最寄り駅や所要時間、病院からのメッセージもご覧いただけます。

都道府県の指定

オプションの指定

※a:9:00前の診療が可 ※b:19:00以降の診療が可

リセット

治療する:トップへ

ご注意ください

本サイトで解説する病気の症状は典型的なものを紹介したもので、記載された症状がその病気をもつすべての方に当てはまるわけではなく、また症状のどれかに当てはまるからといってその病気であることを示すものではありません。治療法その他についても、あくまでも代表的なもののみを掲載しており、治療法すべてを網羅するものではありません。病気の診断および治療に関しては、必ず医師による説明を受けるようにしてください。


このページの先頭へ

© Janssen Pharmaceutical K.K.

このサイトは日本国内に向けて制作いたしております。
このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ヤンセンファーマ株式会社によって運営されています。