ページの先頭です | 本文へ | メニューへ |

【統合失調症ナビは、統合失調症の理解とより良い付き合い方をサポートするサイトです。】

  1. 統合失調症ナビ >
  2. 治療する >
  3. 薬物療法 >
  4. 抗精神病薬のタイプと特徴
ここから本文です
治療する

薬物療法/抗精神病薬のタイプと特徴

抗精神病薬には大きく分けて定型抗精神病薬といわれる従来型抗精神病薬と、非定型抗精神病薬といわれる新規抗精神病薬の2種類があります。
従来型抗精神病薬はドパミンのみを抑制する作用をもち、第一世代の抗精神病薬と呼ばれています。従来型抗精神病薬はドパミンの働きを強力に抑制するため、中脳辺縁系という部分に作用することで陽性症状の顕著な改善が得られます。一方、ドパミンの機能が低下している中脳皮質系という部分にも作用することからさらにドパミンの機能を低下させ、陰性症状を強めたり認知機能の障害を引き起こしたりするなどの副作用が生じます。また、運動機能に関係する黒質線条体系という部分にも作用することで手足がふるえるなどの錐体外路症状*と呼ばれる運動機能障害が、さらにホルモンの分泌に関係する漏斗下垂体系という部分に作用することで乳汁分泌や月経障害、性機能障害などの副作用が現れることがあります。陽性症状に対しては従来型抗精神病薬が非常によく効くのですが、同時に多くの副作用ももたらされてしまうため、これが統合失調症治療において大きな問題となっていました。
新規抗精神病薬はドパミンだけでなくセロトニンやその他の神経伝達物質への作用をもっており、第二世代の抗精神病薬と呼ばれています。新規抗精神病薬は、下記の2つの作用によって陽性症状に対する効果はもとより、錐体外路症状などの副作用の発現が少なく、また、従来型抗精神病薬で改善が得られない陰性症状や認知機能障害に対しても効果が得られることがあります。

図:脳内のドパミン神経経路

新規抗精神病薬の作用

  1. 1.従来型抗精神病薬に比べてドパミンの抑制作用が緩やかであること
  2. 2.ドパミン神経に対して抑制的に働くセロトニン神経系を抑えることでドパミン神経を抑制しすぎないように働くこと

陰性症状や認知機能障害への効果は必ずしも十分とはいえませんが、新規抗精神病薬が登場したことで統合失調症治療は大きく前進したことは間違いありません。

用語の解説

錐体外路症状
手足が震える、動作が鈍くなる、目が上を向いたままになる、舌が出たままになる、足がむずむずする、じっとしていられないなどの運動症状を指します。

治療する:トップへ

知っていますか?お薬のこと

抗精神病薬のさまざまな剤形 剤形の特徴を知って、自分に合うものを選びましょう

ご注意ください

本サイトで解説する病気の症状は典型的なものを紹介したもので、記載された症状がその病気をもつすべての方に当てはまるわけではなく、また症状のどれかに当てはまるからといってその病気であることを示すものではありません。治療法その他についても、あくまでも代表的なもののみを掲載しており、治療法すべてを網羅するものではありません。病気の診断および治療に関しては、必ず医師による説明を受けるようにしてください。


このページの先頭へ

© Janssen Pharmaceutical K.K.

このサイトは日本国内に向けて制作いたしております。
このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ヤンセンファーマ株式会社によって運営されています。