ページの先頭です | 本文へ | メニューへ |

【こころの病気・脳の働きに関連する病気の理解とより良い付き合い方をサポートするメンタルヘルスサイト】

  1. ホーム >
  2. 認知症 >
  3. 診断する >
  4. 早期診断・早期治療が大切です
ここから本文です
診断する

早期発見・早期治療が大切です

認知症を完全に治すことは難しいですが、適切な治療によって、症状の進行を遅らせることはできます。早めに治療を開始するほど、高い治療効果を得ることができます。
そのため、認知症の治療においては、早期診断・早期治療が大切です。「財布や通帳の置き忘れが多くなった」「知り合いの名前が思い出せない」など、おかしいなと思う症状がたびたびみられるようでしたら、早めに医師にご相談ください。

治療を開始する時期によって、治療効果に差がみられます

認知症は、早めに治療を開始する場合ほど、症状の進行を遅らせることができます。治療の開始が遅れても、何も治療しない場合と比べたら治療効果がみられますが、早めに治療を開始したときほどの治療効果は期待できません。そのため、認知症の治療においては、早期診断・早期治療が大切です。

【治療開始の時期による症状の進行の違い】
図:治療開始の時期による症状の進行の違い


認知症トップへ
ここからメニューです ここから関連メニューです
  • 病院を探す(日本全国を対象にお近くの病院を検索)
  • アンケート(病気に関する調査を実施中 集計結果も公開しています)
  • メールマガジン(病気に関する情報をメールにて配信しています)

このページの先頭へ

© Janssen Pharmaceutical K.K.

このサイトは日本国内に向けて制作いたしております。
このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ヤンセンファーマ株式会社によって運営されています。