ページの先頭です

認知症ナビ

診断する

どのように診断されるの?
種々の検査

脳の状態や身体の状態などから「認知症」を診断します

問診や認知機能テストを受け、認知症の疑いがあると診断された方は、脳画像検査や血液検査など身体検査でさらに詳しく検査し、認知症と間違えやすい疾患と区別したり、どのタイプの認知症なのかを問診やテストの結果も含め総合的に診断していきます。
脳画像検査には、脳の萎縮や出血などを調べるCT*やMRI*、脳の血流量を調べるSPECT*検査、脳の代謝機能を調べるPET*検査などがあり、こうした検査により、脳に認知症特有の異常があれば認知症と診断され、さらにどの場所でどのような異常があるかなどを調べて、どのタイプの認知症なのかを診断していきます。脳画像検査のほかにも、血液検査や尿検査、心電図検査などの一般的な身体検査なども行われます。

認知症は経過に特徴のある病気です。各検査を受けた時点での診断はつきますが、最終的な診断はしばらく経過をみて症状の変化により変わる場合もあります。ご家族など周りの方は、ご本人の変化を見守り、気になることがあれば医師に伝えるようにしてください。

用語の解説
CT(シーティー):
コンピュータ断層撮影検査(Computed Tomography)といい、人体の横断面に約1cmおきにX線を当てて、そこで得た情報をコンピュータで解析し断層画像にして、体内の様子を調べます。MRIではまったく見えなくなってしまう頭蓋骨がCTでははっきりと映し出せるので、異常部位の正確な位置を調べるために有用です。
MRI(エムアールアイ):
イラスト:MRI検査 磁気共鳴画像法(Magnetic Resonance Imaging)といい、人間の体内にある弱い磁気を強力な磁気や電波で揺さぶって画像化します。CTでは横断面の画像しか得られませんが、MRIではあらゆる角度からの脳画像をみることができます。
SPECT(スペクト):
単光子放射線コンピュータ断層撮影(Single Photon Emission Computed Tomography)といい、特殊な物質を静脈内へ注射し、薬剤の濃度分布をコンピュータ処理により画像化します。SPECTは主に脳の血流評価のために行われます。
PET(ペット):
ポジトロン断層撮影(Positron Emission Tomography)といい、脳の神経細胞の代謝が盛んなところに取り込まれる性質がある特殊の薬剤を静脈内に注射し、薬剤の濃度分布を画像化して、代謝の機能を調べます。
ページの先頭へ