ページの先頭です

認知症ナビ

治療する

薬物療法
行動・心理症状(BPSD)に対する治療

イラスト:コップをもって錠剤を飲んでいるおばあさん 実際の介護においては、認知機能障害よりもBPSDへの対応がより大変であるため、認知機能障害の治療と同様に、BPSDの治療も重要です。BPSDに対しても、認知症治療薬や漢方薬の抑肝散などが使用されます。これだけでは症状が改善されない場合は、抗うつ薬、抗不安薬、睡眠薬などを慎重に用います。

ページの先頭へ