ページの先頭です

認知症ナビ

セルフチェック

認知症の可能性をチェックしてみましょう

認知症は、早めに気付いて適切な治療を開始できれば、その後の症状の進行を遅らせることができます。

  • 財布や通帳などをどこに置いたか忘れるようになった
  • 最近のできごとが思い出せなくなった
  • とっさに言葉が出てこなくなったり、簡単な暗算ができなくなった

こんな症状はありませんか?
もし思い当たることがあれば、このチェックを行ってみてください。ご本人だけでなく、ご家族や周囲の方々もご本人の症状の確認のためにご活用ください。

認知症チェックリスト

3年前と比較して次のような症状がよくみられるようになっていないか、または次のような症状のために日常生活に支障をきたしていないかチェックしてください。チェックが終わったら、最後に[判定する]を押してください。

1 今日の日付が思い出せない
2 通い慣れた道なのに迷うことがある
3 使い慣れている道具の使い方がわからない
4 簡単な計算に手間取ったり、間違えたりする
5 親しい人との付き合いが減り、外出しなくなる
6 料理や洗濯など、段取りが必要なことができない
7 鍋を焦がしたり、ガスの火を消し忘れる
8 知っているはずの物の名前や、言葉がうまく出てこない
9 イライラしたり、不安が強くなるなど、情緒が不安定
10 前に買ったことを忘れ、同じ物をたびたび買ってしまう
11 同じことを何度も尋ねたり、話したりする
12 お風呂に入るのを嫌がり、身だしなみがだらしなくなる
13 置き忘れやしまい忘れが目立つ
14 待ち合わせの時間や場所をよくまちがえる
15 趣味や楽しみに対する関心がなくなる
リセット
ご注意ください

このチェックツールは、インターネット上での質問と回答という限られた環境の中で、認知症の可能性の有無を示唆する目的で作成されたものであり、直接の面談を含む医師による診断を代用するものではありません。
このチェックツールの結果により利用者が万が一不都合、不利益をこうむった場合でも、監修者およびメンタルナビはいずれもその責を負わないものとします。
また、認知症以外の病気の可能性の有無について、いかなる示唆を与えるものでもありません。
このチェックツールの結果の如何にかかわらず不安がある場合には、専門の医師に相談なさることをおすすめいたします。

ページの先頭へ